職場でのランチをデスクで食べるのはアリ?一人ランチで配慮する3つの点

仕事が終わらないから今日お昼はデスクで済まそうかな…

そんな時もありますよね。

でも、他にデスクで食べている人がいないと

「これってマナー違反!?」

と不安になってしまいます。

自分一人デスクで食べることで、
「迷惑なやつ」と思われたくないですよね。

そうなると仕事がやり辛くなったり、

「あの人は迷惑かけてきそうだから仕事を振りたくない」

とまで思われてしまう可能性も…。

そうならないために、
本文ではデスクランチで気をつけたい3つのポイントを紹介しています。

このポイントさえ意識すれば、
自分も周りも気にすることなく
デスクでランチタイムを過ごすことができるようになりますよ♪

ぜひ参考にしてみてください^^

 

 

職場のランチ、デスクで食べるのはあり?

みんなお昼になると外へ食べに行っている職場の場合、
デスクで食べるのがよいのかどうかわかりませんよね。

お昼休みにデスクの電気が消灯する会社も中にはありますが、
そういった
「この部屋から出ていきなさい!」
という明確な指示がない場合は悩むものです。

職場の雰囲気にもよりますが、
基本的にはデスクランチはOKです!

仕事が忙しいと、
どうしてもお昼の時間を割けなくなって
デスクで済ましてしまうのはみんな同じです。

必要以上に周りの目を気にしなくても大丈夫♪

しかし、周りの人たちは仕事をしています。

 

注意

仕事の妨げにならないように、デスクでランチをする時は配慮しましょう!

 

職場のデスクで一人ランチを食べる時に気をつけるべき3つの点

職場でランチをする時に
気をつけるべき3つのマナーをご紹介します♪

これさえおさえておけば、
デスクでランチを食べていても
周りの人に迷惑をかけることはありません!

 

におい・音の出るものは避ける

デスクでランチを食べている時も、
他の人たちは仕事をしています。

なので、

  • においがきついもの
  • 食べる時に音が出るもの

は仕事の妨げになってしまうので避けましょう!

たとえばカップ麺、揚げ物なんかは
周りの目が冷たくなってしまいます…。

厳しい会社だと
「丼物もよくない!」
というところも!

無難なのはサンドイッチやおにぎり
ゼリー飲料やヨーグルトなどです。

 

一言

最近は働く人むけの、栄養機能食品も充実しているので、そういったものなら周りの目を気にせずに食べられますね♪

 

デスク周りを汚さない

食べているとどうしても手が汚れたり、
カスがこぼれたりします。

資料が汚れてしまったり
食べ物がついた手で電話などの共有物を触ると、
一緒に仕事をしている人たちは
いい気持ちになりません。

なのでなるべく

  • 食べやすいもの
  • こぼれにくいもの

を選ぶとともに、
ランチ後には手を洗ったり、
ウェットティッシュでデスク周りを拭くなどをして
清潔な仕事環境を維持しましょう♪

 

時間帯にも配慮を

「お腹がすいて集中できない!」

という時は我慢せずに食べた方が
仕事のためにもよいですが、
できるだけ周りの人が少ない時間を
見計らいましょう。

たとえば他の人たちがお昼を食べに行ったり
打ち合わせなどで外出している時間帯がベターです♪

周り人たちが集中している午前中は
なるべくランチを避けたいですね。

また、あまり早い時間に食べていると

「朝ごはん食べて来てないの?」
「社会人としてだらしないな」

と思う人もなかにはいます。

 

注意

そうなると、「やる気があるの?」という不信感にも繋がりかねないので、できるだけデスクランチの時間帯には要注意です!

 

デスクランチの問題点・注意点とは

慣れてしまうと外に出るのがめんどくさくなり、
ついついデスクでランチを食べてしまうようになってしまいます。

しかし、デスクランチには問題点も!?

以下の問題点、注意点を理解して
デスクランチはうまく利用しましょう!

 

仕事の効率が下がりやすい

デスクでランチを済ますということは
座りっぱなしの時間が増えてしまうということです。

ランチ自体の時間は短くなり、
仕事を進めながら食べられるので
一見効率がよさそうですが、
座りっぱなしでは集中力が途切れてしまいます。

「せっかくデスクでランチ済ましたのに、思ったより仕事進んでない…」

という事態にも!

一度お昼休みに席を立つ!
ということは
脳にとっても休憩の時間になるので
午後からの仕事効率がアップします♪

緊急の仕事でない場合は
外に出た方が結果早く終わるかも!?

 

デスクランチは太りやすい!?

さっと片手で食べられるものを選んでしまうデスクでのランチ。

デスクランチが続くと、
食べるものが毎日似たような内容になってしまい
栄養が偏ってしまいます。

また、ずっと座っていると疲れてしまい、
ごほうび的にお菓子をちょっとつまんでしまいたくなります。

これもカロリーオーバーの原因に!

たまには外でランチを食べることは
健康にも繋がります♪

 

デスクにいるので急な仕事を振られてしまうことも

「急ぎの仕事があるから外に出る時間を惜しんでデスクでランチを済ます!」

ということが裏目に出てしまうことがあります。

  • 電話番を任されてしまう
  • 他の人がいないからと急な仕事を振られてしまうことも…。

そうなると更に忙しくなり
自分の首を絞めてしまうことに!

 

一言

はっきりと断る勇気を持つか、仕事を振られる覚悟が必要ですね^^;

 

コミュニケーションをとりたくない人だと思われないよう積極的に会話を

いつも一人デスクで食べていると、

「友達いないの?」
「もしかして人と話したり行動したりするのが嫌なの?」

と思われてしまう可能性があります。

日本企業はやはり「和」を重んじる傾向があるので、
そう思われてしまうと同僚と距離ができてしまい
仕事の話がしにくくなってしまうことも…。

そうならないためにも、
デスクランチが多くなってしまいがちな人は
同僚と積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう!

たまには外に出たり、
同僚とランチに行ったりすることも大切です♪

 

まとめ

職場のデスクでのランチは
忙しい時には避けられません。

その時には3つ、

  1. におい・音の出るものは食べない
  2. デスク周りを汚さない
  3. 食べる際には時間帯に配慮する

ということに気をつけていれば問題ありません♪

また、
上記で説明したようにデスクでのランチが続くと

  • 仕事の効率が下がりやすい
  • 栄養が偏り太りやすくなる
  • 急な仕事を振られてしまう
  • 同僚とコミュニケーションを取りたくない人だと思われてしまう

という可能性もあります!

そのような注意点も踏まえ
自分も周りも快適なデスクランチを過ごしましょう♪

-人間関係, 新入社員, 職場

© 2021 Kazu's useful NET