【年賀状の書き方】部活の先輩への一言コメント例文集

部活の先輩に書く年賀状の一言コメント、仲の良い先輩だけだったら被ることは少ないないんだけど、先輩の人数が多い場合は大変です。

しかも全員にコメントを書かないといけない場合は、被らないように何を書いたらいいか悩みますよね。

ここでは、年賀状の一言の書き方やマナーと、部活の先輩に書く一言コメントの例文をご紹介します。

 

 

年賀状の書き方とマナー

まず、先輩に年賀状を書く前に、最低限覚えておきたい年賀状の書き方とマナーをみていきましょう。

 

年賀状の書き方:賀詞

賀詞とは、「寿」「賀正」「迎春」「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」などの新年を祝うお祝いの言葉です。
それぞれの賀詞には意味があり、相手によって使う賀詞を間違えると失礼にあたる場合があるので、注意しなければいけません。

1文字の賀詞

「寿」「賀」「福」「禧」「慶」などがあります。
よくカジュアルな年賀状で目にする賀詞です。、
意味は、「めでたい」「祝う」「よろこぶ」「幸せ」といった “めでたい” というだけの意味しかないので、目上の人に書く年賀状では使わないほうが無難です。

2文字の賀詞

「賀正」「迎春」「新春」「慶春」「寿正」などがあります。
2文字の賀詞もよく見かけますよね。
これらの賀詞は、「正月を祝う」「初春を迎える」「新しい年」「初春をよろこぶ」「正月をことほぐ」という意味で、これも “めでたい” といった意味しかなく、目上の人に書く年賀状には使わないほうがいいでしょう。

4文字の賀詞

「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」「恭賀新春」「敬頌新禧」などがあります。
これらの賀詞は、フォーマルな年賀状なんかでよく見かけますよね。
意味は、「謹んで新年をお祝い申し上げます」「謹んで新しい年をお祝い申し上げます」「うやうやしく新年をお祝い申し上げます」「うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます」「うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます」です。
“謹む”“恭しく”“敬う”といった相手への敬意を表す丁寧な言葉が入ることで、目上の人に対しての敬語の新年の挨拶になります。

文章の賀詞

「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「新春のお慶びを申し上げます」「謹んで初春のお慶びを申し上げます」などがあります。
「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」などは、相手を選ばず使える賀詞なので、迷ったらこれらの賀詞を使えば問題ありません。

単語の賀詞(謹賀新年や賀正など)と、文章の賀詞(あけましておめでとうございますなど)を重複させない!

 

年賀状の書き方:NGワード

年賀状の手書きコメントでは、使ってはいけない言葉がありますので注意が必要です。

句読点

普段、文章を書く際に「、」や「。」は普通に使用しますが、年賀状では使わないのがマナーです。

忌み言葉

「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」など、縁起の悪い不吉な出来事を連想させるような言葉は使用しないようにします。
よく使ってしまうのが「去」という字です。「昨年」を「去年」と書かないように注意しましょう。

年賀状の書き方:宛名

普段、「○○先輩」って呼んでいるので、年賀状の宛名も「○○先輩」て書いてしまいがちですが、年賀状は普通の手紙と違います。

日ごろお世話になっている先輩への感謝の気持ちと、新しい年を祝い、これからの変わらないお付き合いをお願いする気持ちを込めて送るものなので、ここでは、「○○様」と書きましょう。

 

年賀状の書き方:部活の先輩へのコメント例文

あまり硬い文章だと気持ちが伝わりにくいし、もらった側としても、微妙な感じになってしまうので、ここでは学生らしい表現の例文を見ていきましょう。お世話になったことへのお礼を書く

お礼の例文

・昨年はいろいろ教えてくれてありがとうございました
・旧年はたいへんお世話になりありがとうございました
・昨年はいろいろとご指導ありがとうございました

このような感じの文章でOKです。

さらに具体的に書く例

・昨年は○○先輩のおかげで○○ができるようになりました ほんとうに感謝してます
・○○先輩と一緒にプレーするだけでたくさんのことが学べて 私自身成長させてもらっています
・○○先輩 いつもさりげないフォローありがとうございます

部活のことを書くのも◎です。

具体的な内容のほうが、読んでいて楽しいし、ちゃんと自分を思って書いてくれているんだなぁってことが伝わるので、印象は良くなりやすいです。

 

今年の目標や意気込みを書く

一緒に頑張ろう例文

・今年は一緒に全国大会目指して頑張りましょう
・先輩との連携プレイがもっとうまくできるようにがんぱります
・打倒○○!今年は○○学校に勝てるよう共に頑張りましょうね

先輩のようになりたい例文

・わたしも○○先輩のようになれるようがんばります
・○○先輩のすごさ憧れています
・尊敬する○○先輩のようになりたいです

※先輩への尊敬や憧れを入れると印象が良くなります。

 

お願い・相手の幸せを願う

お願い例文

・今年もよろしくおねがいします
・本年もご指導のほどよろしくおねがいします

相手の幸せを願う

・○○先輩にとって充実した一年になりますように
・笑顔いっぱいの毎日が過ごせますように
・○○先輩にとってすばらしい一年になりますように

 

まとめ

部活の先輩への年賀状は、普段言えない感謝の気持ちや憧れの気持なんかを一言書いてみると、すごく喜んでくれますよ♪

 

こちらも参考にしてみてください。

▼読む価値あります!

 

注目
年賀状の宛名をバランスよくビシッと手書きするコツ

最近では、パソコンのソフトを使って宛名を入力する人が多い中、お世話になった人には、やっぱり手書きで気持ちを込めて書きたい ...

続きを見る

関連
書き損じても新しい年賀状に交換できる?期限や手数料は?

  年賀状を手書きで書いていると、よく書き損じってしてしまいますよね。 一文字間違えただけで、その年賀状は使え ...

続きを見る

-年賀状

© 2021 Kazu's useful NET