高校生のお年玉は7000円・8000円でもいい?金額の決め方【最新版】

高校生にはお年玉をいくらあげていますか?

相場を知らず、お年玉をあげすぎている方や、逆に少なすぎる方もいると思います。

「高校生は平均的にいくらお年玉をもらっているの?」

「高校生のお年玉は7000円や8000円でもいい?」

そんな疑問に答えます。

※高校生にあげるお年玉の金額の決め方や、お年玉の金額の設定例などもご紹介しますね。

高校生へのお年玉の平均金額は?

高校生へのお年玉で一番多い金額は、5000円

次いで10000円が多く、5000円~で考えている家庭が多い傾向にあります。

しかし、親戚の場合は3000円という方も多く、関係の深さがお年玉の金額を決める基準になっているみたいです。

高校生はお金を使うことも多いので、「できるだけ多くあげたい」という気持ちはあると思います。

しかしそこは、家計の事情や関係の深さによって決めればいいことなので、平均的な金額を基準に、あげる金額を決めてみてください。

高校生へのお年玉は7000円・8000円でもいい?

一般的にお年玉の金額で多いのは?

お年玉として渡す金額で一般的に多いのは、1000円2000円3000円5000円10000円です。

~5000円まで小刻みなのでいいんですが、5000円の次が10000円っていうのは、ちょっと金額差が大きいですよね。。。

もらう側からしたら嬉しいですが、あげる側からしたら倍あげることになるので、一気に負担が大きくなります。

この金額が「一般的なお年玉の金額」というイメージをもっている方が多いので、「7000円や8000円はダメなの?」というふうに疑問をもっている方も多いです。

「中途半端な金額」と思われるかもしれませんが、「5000円では少ないし、10000円はちょっと多すぎ」と思っているんだったらいい金額だと思いますよ。

感謝されるかケチだと思われるかは“言い方しだい”です。

「5000円にしようと思ったんだけど、可哀そうだから7000円にしたよ

と言えば喜んでくれると思います。

お年玉の金額は偶数でも大丈夫?

よく、奇数は縁起がよくて偶数は縁起が悪いなんていいますが、お年玉にかんしては、あまり気にすることはありません。

仮に偶数がダメだというなら、小学生の低学年にあげるお年玉の相場は2000円が圧倒的に多いのは、「なんで?」ってなりますよね?

そこはいいのに、8000円がダメだというのは矛盾しています。しかし、“8”は漢字で書くと“八”となり、“末広がりで縁起がいい”とされています。

奇数、偶数に対して、人それぞれもっているイメージが違います。

なので、偶数より奇数を選んだほうが無難であるということは間違いないですが、偶数でも8000円に関しては、末広がりなので縁起がいいというのが一般的なイメージです。

※“4”は死をイメージさせる数字なので、4000円だけはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

高校生へのお年玉金額の決め方

お年玉のルールが決まっていない場合

お年玉をいくらあげるというルールが決まっていない場合、あげたい金額をあげることになるんですが、少なすぎるとケチだと思われてしまうのもイヤですよね?

しかし、見栄を張る必要はないです。もらう側からしたら、多いほうが嬉しいのは当たり前なんですが、子供たちも、こちらの事情はわかってくれます。

「はっきりと金額を決める!」ということが大事になってきます。しかし、あなたの子供もお年玉をいただいている場合、こちらが「金銭的に厳しい」という事情を相手に正直に打ち明けて、お互いが納得できる金額にしてもらわないといけません。

家庭によってお年玉のルールが決まっている場合

高校生にあげる金額が親戚間で決まっている場合、それに従わなければなりません。

しかし、経済的に苦しい場合は、いちど話の分かる親戚に相談してみて、可能な範囲であげられる金額を決めるしかないんです。

これは難しい問題ですので、しっかりと話し合いをすることをオススメします。

お年玉の金額 設定の例5パターン

<お年玉の金額設定例 ①>高校生7000円パターン

  • 小学生以下⇒1000円
  • 小学低学年⇒2000円
  • 小学高学年⇒3000円
  • 中学生⇒5000円
  • 高校生⇒7000円
  • 大学生⇒10000円

<お年玉の金額設定例 ②>小・中・高のみパターン

  • 小学生以下⇒なし
  • 小学生⇒2000円
  • 中学生⇒3000円
  • 高校生⇒5000円
  • 大学生⇒なし

<お年玉の金額設定例 ③>1000円~5000円までパターン

  • 小学校卒業まで⇒1000円
  • 中学生⇒2000円
  • 高校生⇒3000円
  • 大学生⇒5000円

<お年玉の金額設定例 ④>最小限に抑えるパターン

  • 小学校卒業まで⇒1000円
  • 中学生以上⇒2000円

<お年玉の金額設定例 ⑤>ちょっと贅沢パターン

  • 小学校卒業まで⇒5000円
  • 中学生以上⇒10000円

※お年玉の金額は、各家庭の経済状況を考慮し、無理のない範囲で決めてくださいね。

まとめ

今回は、高校生のお年玉は7000円・8000円でもいい?金額の決め方【最新版】というテーマで、お年玉の設定例をご紹介しました。

簡単にまとめると、

  • 高校生へのお年玉の一般的な平均金額は5000円
  • 7000円や8000円でも問題はない
  • お年玉に偶数・奇数はあまり関係ないが、4000円はやめといたほうが良い

以上です。ぜひ参考にしてください。

-お年玉