宛名を手書きでバランスよく書くコツ【上司への年賀状】

「上司へ出す年賀状を手書きにしたいんだけど、キレイに書けない…。」
「手書きで書くと真っ直ぐ書けないし大きさもバラバラになる…。」
「宛名をバランスよく書くコツが知りたい!」

こんな悩みありますか?

年賀状の宛名をバランスよく書くのは難しいですが、実はコツさえわかればけっこう簡単なんでよ♪

ここでは、上司への年賀状を手書きで書く場合、宛名をバランスよく書くためのコツや、キレイに書くための道具をご紹介します。

 

上司への年賀状は手書きがいい?

手書きがいい理由

最近では、年賀状の宛名は印刷が主流です。そんな中、あなたが送った宛名を手書きしてある年賀状が届くと、かなり目立ちますよね!

「おっ!若いのに手書きで書くとは、なかなかやるの~」

という感じで一目置かれるようになるかもしれません。

それに手書きだと、一枚いちまい真剣に書かないといけないですよね。もしかしたら何回も失敗して書き直したかもしれない。

そんなあなたの一生懸命書いている姿が目に浮かんで、すごく喜んでくれますよ!

 

手書きで上司に与える印象

年賀状って、印刷だと人任せでも作れますよね。やはり上司もそこんとこは理解してると思うんです。

印刷して作った、干支の絵と文字だけの年賀状が届いたところで、事務的な印象しかうけない。見る気もしないです。

「印刷されただけの年賀状は見る価値もないからすぐ捨てる!」

という人も中にはいます。

これだと、はっきり言ってショップのダイレクトメールのほうが見る確率高いです。

あなたが結婚していて、結婚式に参列してもらった上司に、子供の写真・夫婦の写真入り年賀状を送るのなら、話は別ですが、やはり印刷だけの年賀状というのは、そのぐらい悪い印象を与えてしまいます。

逆に手書きで、しっかり宛名を自分で書いた年賀状を送ると、「礼儀正しい」「しっかりしている」と思われ、上司に好印象を与えることができます。

マナーを守るしっかりしている信用できる

たかが年賀状ですが、仕事の評価にもつながる大事な役割があるので、上司に出す年賀状の宛名は手書きで書くことを強くオススメします

 

上司への年賀状の宛名を手書きするのに気をつけるポイントは?

上司の敬称に役職名はつける?

上司のご自宅に出すのであれば、○○“様”です。

間違っても、○○“部長”とか、○まる“部長様”と書かないようにしましょう。

ちなみに“殿”は、目上の人が目下の人に対して使う敬称なので、上司に書く場合は絶対に使ってはいけません。

最近では、ほとんど“殿”を使わなくなっているので、迷ったら“様”を付けていたら間違いないです。

 

手書きで使うペンの種類は?

年賀状の宛名は、“力強く・太く・大きく”書くのが良いので、理想は毛筆!もしくは筆ペン!慣れていないと筆ペンは、力の入れかたが難しいですし、筆が震えてガタガタな字になってしまったりします…。

これはかなりハードルが高いですよね。汗

仮に、上司1人だけ手書きで書くなら気合い入れて筆ペンで書いてもいいですが、他の方にも手書きで書くなら、けっこう失敗てしまうかもしれませんね。

ちなみに書き損じても郵便局で新しい年賀状に交換してもらえます。

参考記事書き損じても新しい年賀状に交換できる?期限や手数料は?

 

「ボールペンはダメなの?」という質問がよくありますが、ボールペンでも大丈夫です。ただ、ボールペンで書いた字だと“線が細い”ので、頼りない印象を与えてしまいます。

宛名は、“力強く・太く・大きく” が理想なので、力強く書けて太い字になるペンで書くほうがいいですね。

「でも、筆ペンで綺麗に書く自身がない…。」

という場合は、サインペン、万年筆、筆風サインペンで試してみてください。

この中でも特ににオススメなのが“筆風サインペン”です!

特長は、「サインペン感覚で使えて筆ペンのような字が書ける」という魔法のようなペンです。

 

字が下手でも大丈夫?

「字を書くのが下手なので手書きはムリ!」

「字が汚いので手書きだと逆に失礼かも!」

といったことをよく聞きます。

下手でもある程度の字が書けるならOKです。

“読めないぐらい汚い字”ではさすがに失礼ですが、宛名は文字のバランスを整えるだけでも驚くほどキレイに見えますよ

いちばん気をつけるポイントは、“文字のバランス”よく書くことです。

 

宛名を手書きでバランスよく書くコツ

宛名を書く順番

書いてすぐに手が触れてしまうと、年賀状が汚れてしまい使えなくなってしまうので、ここでは左から右へ順番に書いていくことをオススメします。

1.自分の氏名

2.自分の住所

3.相手の名前

4.相手の住所

という感じで書いていくと、自分の手も年賀状も汚さずに書くことができます。

 

宛名の大きさ

宛名の大きさは、バランスよくキレイに見せるためには重要なポイントです。

相手の名前 > 相手の住所 > 自分の名前 > 自分の住所

相手の名前を一番大きくし、自分の住所は一番小さく書きます。

さらに、ひらがなより漢字を1.5倍~2倍大きく書くと、全体的なバランスがさらに良くなるので試してみてください。

 

宛名がバランスよく書ける㊙道具

宛名をキレイに書くコツが分かっていても、線のない年賀状にバランスよく宛名を書いていくのはやはり難しいと思います。

そこで、文字の大きさが揃って、ビシッと真っ直ぐバランスのいい宛名を書くことができる便利グッズを最後にご紹介します。

これは私自身も使っているんですが、「びっくりするぐらいキレイなバランスで書ける」んです!

 

まとめ

今回は、上司への年賀状の宛名を手書きでバランスよく書くコツをご紹介しました。

最終的な結論は、道具しだいでバランスよくキレイに書くことができる!ということです。

ご紹介したアイテムはテレビでも紹介していた便利アイテムなので、ぜひ試してみてください。

-年賀状

© 2021 Kazu's useful NET