年賀状の処分方法|安心して処分できるのはどこ?

古い年賀状の処分ってどーしてますか?

年賀状には送ってくれた方の個人情報が満載!

最近では、子供の写真や家族の写真、恋人との写真なんかも載ってたりしますよね。

年賀状をいただいたからには責任をもって処分したい!でもどーやって?

ここでは、年賀状を処分方法や、コンビニや郵便局では年賀状を処分してくれるのか?ということを見ていきましょう。

 

 

年賀状の処分方法は?

燃えるゴミとして捨てる

年賀状には送ってくださった方や自分自身の個人情報が載っているので、無責任にそのまま捨てるわけにはいきません。

シュレッダーにかけたり、個人情報保護スタンプで宛名と住所を消したり、はさみで切ったり、瞬間接着剤とガムテープを使いグルグル巻きにするなどして、個人情報が漏洩しないようにする必要があります。

家庭用シュレッダー

家庭にシュレッダーがあるならシュレッダーを使いましょう。年賀状以外にも、DMハガキや明細書、など、個人情報が入っているものを捨てる機会がけっこうありますよね。
現在、シュレッダーがない場合はこれから先、必要になりそうなら思い切って買うのもアリです。
手動と電動がありますが、処分する年賀状の枚数が多い場合、手動はキツイです(汗)
シュレッダーのレンタルもありますが、料金が高いのでこれはパスですね。

シュレッダーはさみ

シュレッダーはさみ(ハサミ型シュレッダー)という刃がいっぱい付いていて、シュレッダーのように切り刻めるはさみがあります。
値段はだいたい1,000円前後ですかね~、何枚も切っていると指がつりそう(苦笑い)

個人情報保護スタンプ

マジックだと、塗りつぶしても薄く見えたりするんですが、個人情報保護スタンプらぜんぜん判らないです。
値段も安いし使用頻度も高そうなので、一家にひとつは持っておきたい便利アイテムです。

瞬間接着剤とガムテープを使い固めて捨てる方法もありますが、瞬間接着剤を中までたっぷり付けていないと、ヤバイ人ならバラシて中を見そうです。ちょっと怖いですね…汗

 

処分できるところへ持っていく

無料で処分できるところは、ナチュラルローソンの一部店舗に設置してある「個人情報書類回収BOX」と、ごみ処理場があります。

ナチュラルローソンの「個人情報書類回収BOX」は便利なんですが、ナチュラルローソン自体がまだ店舗数が少ない上に、さらに“回収BOX”を設置している店舗が限られています。

自宅の近所にある人はラッキーなので、ぜひ利用してください。

「ゴミ処理場」は市や町にもよりますが、運営している市または町の住民であれば、燃えるゴミとして無料で引き取ってくれます。

燃えるゴミの日に自宅近所のゴミステーションに出して、変な人にゴミを漁られる!という心配はなくなりますよ。

 

どんど焼きで燃やす

日本全国に伝わる無病息災を祈るお正月の火祭り行事”です。

一般的に小正月(1月15日)に、神社や田んぼ、空き地などで、正月の松飾りや注連縄、書初めなどを各家庭から持っていき、一か所に集めて燃やします。

この時に、古い年賀状を燃やしてもいいんですが、地域によっては年賀状を燃やしてはいけない所があるみたいなので、トラブル防止のため、神社または自治体に確認を取るか、ご近所のご年配の方に聞くことをおすすめします。

 

有料の回収サービスを利用する

処分する年賀状が大量にある場合は、有料の回収サービスを利用するほうが楽だし安心です。

利用料金は、3辺合計が100cmほどの段ボールで、だいたい3,000円前後です。

入る量は、年賀状だと6000枚~10000枚ぐらいは入る計算なので年賀状が溜まりすぎて困っている方にはおすすめのサービスです。

専用の段ボールに詰めるだけなので楽ちんですよ♪

 

郵便局は回収してくれない?

使用済み年賀状は回収不可

「郵便局に使用済み年賀状の回収BOXがある」っていうのを聞いたことがあったんで、調べてみると、「そーいうサービスはありません」とのこと…。

2000年1月から2002年3月末までは試行的に回収、リサイクルをやっていたみたいなんですが、今は回収サービスをやってないみたいです。

使用済みの年賀状を郵便局には持って行かないように注意してくださいね。処分してくれませんから!

 

交換ができる年賀状は?

古くて使用していない年賀状を、「もう使えないから」と言って使用済み年賀状と一緒に捨てるのは待ってください!

使用してない年賀状なら、いくら古くても切手やはがきなどに交換してもらうことができるんです♪

交換可能な年賀状

未使用の年賀状

書き損じ

印刷ミス

書き損じたり印刷を失敗たりした年賀状でも大丈夫!古くても使用していなかったら交換してもらえます。

交換できるもの

通常切手

普通はがき

郵便書簡

レターパック封筒

スマートレター封筒

交換には1枚につき5円の手数料が必要です。

 

まとめ

今回は年賀状の処分について書きました。

年賀状を処分できるコンビニは、今のところ「個人情報書類回収BOX」を設置している“ナチュラルローソン”のみ!

郵便局は、使用していない年賀状は切手などに交換してくれるが、使用済みの年賀状は回収してくれない。

ということです。参考にしてください。

-年賀状

© 2021 Kazu's useful NET