年賀状をサクッと処分するには?個人情報を守り安全に捨てる方法

年賀状をもらうのは嬉しいんだけど、捨てるに捨てられず、気が付けば大量に溜まっていて、これ以上保管する場所がない…(涙)

なんてことにならないように、保存期間を決め、定期的に捨てるようにするほうがいいんですが、年賀状には送ってくださった人の個人情報がたっぷり載っているんで、簡単には捨てられませんよね。

ここでは、個人情報が漏洩しないよう家庭で処分する安全な方法や処分してくれる場所、安全で確実な有料サービスをご紹介します。

 

 

年賀状の処分方法は?

家庭で処分する方法

家庭で処分する場合、大半は燃えるゴミとして出します。

個人情報が載っている年賀状をそのままゴミの袋に入れて出すわけにはいかないので、個人情報を保護する方法として以下のやり方があります。

・シュレッダーにかける
・個人情報保護スタンプを使う
・接着剤+ガムテープで固める

 

年賀状を回収してくれる場所に出す

ナチュラルローソンに設置してある「個人情報書類回収BOX」というのがあります。

これは、安全に年賀状を処分でき、リサイクルを通じて社会貢献もできるという素晴らしいものですが、問題点もあります。

「設置している店舗が少ない(汗)」

ナチュラルローソン自体も店舗数が少ないんですが(ローソンが全国に10000店舗以上あるのに対し、ナチュラルローソンは全国にまだ200店舗もない状態)、その中でも「個人情報書類回収BOX」を設置している店舗が限られているのが現状です。

もし、今住んでいる場所の近くに「個人情報書類回収BOX」を設置しているナチュラルローソンがあれば「ラッキー♪」ですので、ぜひ利用してみてください。

また、郵便局に年賀状の回収箱があるという情報をネットで見かけますが、実際には郵便局は“年賀状を処分してくれるサービスは行っていない”ので、持っていかないようにしましょう。

自治体により、期間限定で使用済みのはがきを回収してくれるところがあるみたいなので、確認が必要です。

 

どんど焼きで燃やす

小正月(1月15日)の行事で「どんど焼き」というのがあります。

神社や田んぼ、空き地などで、正月の松飾りや注連縄、書初めなどを各家庭から持っていき、一か所に集めて燃やす“日本全国に伝わる無病息災を祈るお正月の火祭り行事”で、「どんど焼き」「とんど焼き」「どんどろ祭り」「さいとう焼」「とんど祭り」など、いろんな呼び方がありますが、ここで年賀状も一緒に燃やしてもらうこともできます。

 

私の地元では「とんど焼き」と呼んでいますが、家は子供が書いた絵や、保育園で作った紙の工作などの燃やせるものは、データ保存してから毎年とんどで燃やしています。年賀状も燃やすことがあります。

 

捨てる年賀状の量で処分方法を決める

年賀状は毎年いただくものなので、どんどん溜まっていきます。

毎年、20,30枚ほどであれば、保管しておくにしてもそれほど困らないんですが、毎年数100枚とかだと、保管するのも場所をとるし、捨てるのも大変ですよね。

捨てる年賀状の量によって処分の方法が変わってくるので、どんな方法が良いか見ていきましょう。

 

捨てる年賀状が少ない場合

数枚~数十枚ほどなら、どの処分方法でも簡単にできますよね。

シュレッダーを持っている方ならシュレッダーにかけてから燃えるゴミに出せますし、個人情報保護スタンプで住所や名前を分からなくしてから捨てるのもありです。シュレッダーはさみなんてのもあります。

「シュレッダー持ってないし、個人情報保護スタンプやシュレッダーはさみも持ってない!」「買うのもお金がかかるし嫌だ!」

という場合は、年賀状を30~50枚を重ね、上下左右に瞬間接着剤を塗ってガムテープでグルグル巻きに固めて燃えるゴミで捨てるという方法が手間もかからず簡単でおすすめです。

 

捨てる年賀状が大量にある場合

何年、何十年も過去にいただいた年賀状を捨てられずに保管していた場合、大量にありすぎて捨てるのも大変ですよね。

そんな大量にある年賀状を処理してくれるサービスがあります。

企業など、個人情報を大量に取り扱う会社が利用する、安全で、しかも簡単に処理してくれる個人利用も対応しているサービスをご紹介します。

 

機密書類 廃棄サービスを使う

セキュリティパック21

【特徴】

必要な作業は専用段ボールに年賀状を詰めるだけ!

ゆうパックのセキュリティー便で安全に集荷してくれます。

無開封のまま、箱ごと溶解処理してくれるので、個人情報が流出することはありません。

  Mサイズ Lサイズ
サイズ 縦320mm×横450mm×高さ210mm 縦320mm×横450mm×高さ340mm
年賀状が
入る枚数
約6000枚 約10000枚
処理方法 溶解処理 溶解処理
賠償保険 3億円 3億円
料金(税込) 2,160円 2,700円
     

送料 全国一律1,080円(税込)

デルエフ

【特徴】

Tポイントが使える♪

創業80年、漏洩事故0件の信頼と実績!

お手頃価格で処理できる。

スポットプラン
プレミアム
スポットプラン
スタンダード
スポットプラン
ライト
サイズ W43xD32xH30cm W43xD32xH30cm 3辺の合計が100cm以内
(自身で用意)
年賀状
入る枚数
約8000枚 約8000枚
処理方法 シュレッダー処理 シュレッダー処理 シュレッダー処理
賠償保険 3億円 1億円
料金(税込) 2,160円 1,490円 1,058円

送料 全国一律650円(沖縄、離島は除く)

参考記事大量の個人情報書類を処分できる個人も使えるサービスは?

 

個人情報を守り安全に捨てる

年賀状をそのままの状態で捨てると、送ってくださった方の住所や名前、子供や家族の写真など、個人情報が露出した状態なので、これらの個人情報を悪用される可能性があります。

やはり貰った年賀状の個人情報は、責任をもって管理しなくてはいけません。

絶対に個人情報を流出させないような処理を心がけましょう。

-個人情報, 年賀状

© 2021 Kazu's useful NET