大量の個人情報書類を処分できる個人も使えるサービスは?


「個人情報の部分だけ分からないように処理していたけど、面倒なので一つにまとめて捨てたい」
「名前や住所などの個人情報が記載されている書類がたくさん溜まっていて困っている」
など、個人情報が記載されている書類を処分したいけど、大量にある個人情報書類の処分方法に悩んでいませんか?

会社や個人事業主が利用できる法人対応の機密書類を処分できるサービスはたくさんあるんですが、個人に対応している回収業者は少ないです。

ここでは、個人でも利用でき、大量の個人情報書類を処分できる安心の回収業者をご紹介します。

 

 


個人でも使える機密書類破棄サービス

セキュリティーパック21

全国対応で1箱から利用できます。

送料は全国一律1,080円(税込)
1箱の重量が30kg以内まで。

超えると集荷してもらえない場合があるので注意しましょう。

集荷はゆうパックのセキュリティー便なので、運送時の管理も徹底されています。

 

【ご利用料金】

Mサイズ Lサイズ
本州・四国 2,160円(税込) 2,700円(税込)
北海道 2,808円(税込) 3,024円(税込)
九州 2,592円(税込) 2,808円(税込)
沖縄 2,916円(税込) 3,132円(税込)

 

【回収用のダンボールサイズ】

Mサイズ 縦32cm×横45cm×高さ21cm
Lサイズ 縦32cm×横45cm×高さ34cm

回収用のダンボールはM・Lサイズ共に、A4サイズの用紙が2列ちょど収まるサイズ。

送料は1発送につき全国一律1,080円ですが、地域によってセキュリティーパック21の料金に差がありますので注意が必要です。

例1

本州でMサイズを3箱を利用する場合
Mサイズの料金=2,160円×3箱+1,080円(送料)=7,560円(税込)
になります。

例2

北海道でLサイズを10箱利用する場合
Lサイズの料金=3,024円×10箱+1,080円(送料)=31,320円(税込)
になります。

送料は1回の注文に対して1,080円(税込)なので、複数注文する方がお得ですね!

 

おすすめポイント

未開封のまま箱ごと溶解処理するので、第三者の目に触れることがないので安心して任せられます。
とくに、誰にも見られたくない写真や、誰にも知られたくない情報が記載され書類を処分したい時には安心ですね。

・もし個人情報が漏えいして損害を受けた場合でも、3億円まで保障できる損害保険が付いてます。

・溶解処理後には『溶解処理証明書』が発行されます。
『溶解処理証明書』は発行してもらうのにお金が必要な業者もあるんですが、セキュリティーパック21では、キット内容に含まれているので、追加で料金が発生することはありません。
通常2~3週間後に郵便で届きます!

・プライバシーマーク取得企業なので安心です。
個人情報保護法よりも厳しい基準に沿って、個⼈情報の管理を徹底している事業者しか取得できないので、個人情報の取り扱いにかんして信頼できる基準になります。

↓詳細はこちら
セキュリティーパック21

デルエフ

Tポイントが使えるので、Tポイントがたまってるならポイント使用でお得に利用できます。

個人で利用するならスポットプランがおすすめです。

その中でも、プレミアムプランとスタンダードプランは全国対応していますが、 現在ライトプランは、関東・中部・近畿のみ限定です。

今後、対応地域が広がるかもしれないので、その都度情報を更新します。

 

【スポットプラン利用料金】

プレミアムプラン 2,160円(税込)
スタンダードプラン 1,490円(税込)
ライトプラン 1,058円(税込)

【送料】
・全国一律650円(沖縄・離島は除く)

【ダンボールサイズ】
・プレミアム・スタンダード共に、縦32cm×横43cm×高さ30cm

A4コピー用紙が最大で7500枚入る大きさです。

ライトプランはダンボールを自身で用意する必要があります。
縦・横・高さの3辺合計が100cm以内で、重さは20kg以内

【廃棄証明書】
プレミアムプラン・スタンダードプランは無料で付いていますが、ライトプランは有料オプションになります。
廃棄証明書が必要ない場合はライトプランで十分ですね。

【未開封処理】
プレミアムプランは無料で付いていますが、スタンダードプラン・ライトプランは有料オプションになります。
未開封処理のオプション料金は216円(税込)です。

「中身を第三者に絶対見られたくない」という方は、オプション選択も忘れずに!

 

【処理方法】
シュレッダー処理をした後に製紙メーカーへ搬出し、リサイクルされます。

 

おすすめポイント

・Tポイントが使用できる♪

・利用料金が安い!

・ダンボールが大きいので、多く処分できる。

↓スポットプラン詳細はこちら
デルエフ(スポットプラン)

 

回収業者の比較

個人でも利用できる業者は2つあるんですが、どちらを使ったほうがいいのか悩んでしまう方は、サービスを比較してどちらが自身に合っているかを見てみましょう。

ご利用料金を比較

【セキュリティーパック21】

Mサイズ Lサイズ
本州・四国 2,160円(税込) 2,700円(税込)
北海道 2,808円(税込) 3,024円(税込)
九州 2,592円(税込) 2,808円(税込)
沖縄 2,916円(税込) 3,132円(税込)

【デルエフ】

プレミアムプラン 2,160円(税込)
スタンダードプラン 1,490円(税込)
ライトプラン 1,058円(税込)

 

送料を比較

セキュリティーパック21 1,080円(税込)
デルエフ 650円(税込)(沖縄・離島は除く)

ダンボールのサイズを比較

【セキュリティーパック21】

Mサイズ 縦32cm×横45cm×高さ21cm
Lサイズ 縦32cm×横45cm×高さ34cm

【デルエフ】

プレミアム
スタンダード
縦32cm×横43cm×高さ30cm
ライト 3辺合計100cm以内

その他を比較

  セキュリティーパック21 デルエフ
処理方法 溶解処理 シュレッダー
廃棄証明書 あり あり
一部オプション
損害賠償保険 最大3億円 あり

 

おすすめポイント

セキュリティーパック21

・集荷はゆうパックのセキュリティー便なので安心。
・処理方法が箱ごと溶解処理なので中身が人目にふれる心配がない。
・賠償保険3億円と、溶解証明書がついている。

デルエフ

・Tポイントが使えるので、Tポイントがたまっている方はお得に利用できる。
・「とにかく安く済ませたい!」という方にはライトプランがおすすめ!
ライトプランの料金が1,058円(税込)なので、送料650円を入れても1,708円利用できます。
安い“手動シュレッダー”でもこれくらいの値段します。そー考えるとめちゃくちゃ安いですよね!

まとめ

今回は個人でも利用可能な、個人情報書類を処分できるサービスを比較しました。

「絶対に中身を見られたくない!」という方は、未開封のまま箱ごと溶解処理してくれるセキュリティーパック21を利用するか、デルエフならプレミアムプラン、もしくはスタンダードorライトプランで未開封処理をオプション(216円)で付けるかになります。

どちらの業者も、過去に個人情報・機密情報を漏えいさせたことがないという実績があり、リピート率も高いので、安心して任せられると思います。

参考にしてもらえたら幸いです。

-個人情報

© 2021 Kazu's useful NET