相手に緊張感を与えてしまうのがツラい!相手の緊張をほぐす方法を教えて!

相手の表情が強張っている‥。

「えっ‥、なんで怖がってるの?!!私、何にもしてないよ??」

怖がられる人には、『共通する特徴』があります。

それを改善しない限り、怖がられ続けることになります‥(T_T)

本当は怖くないのに、怖がられてしまうあなた!

原因を知って、辛い日々からサヨナラしましょう♪

いますぐ実践できることですので、何の心配もいりませんよ(^ ^)

今回は、相手に緊張感を与えない方法についてご紹介します。

 

 

相手に緊張感を与えてしまう原因はなに?

「話す時に気まずい空気が流れるのを感じます‥。

私と目が合うと、怯えるような表情をしたり、声で緊張しているのがわかるんです‥。」

他人に怖いと思わせてしまう人には、どんな特徴があるのでしょうか??

 

無表情

無表情な人は、『何を考えているのかわからない』ため、怖がられてしまいます。

「この人は今、どんな感情なの??もしかして、機嫌悪い?!」

相手の機嫌がわからないと、どんなテンションで話しかけたらいいかわかりません。

あなたは全く怒ってなくても、相手にそう捉えられてしまうのはなんとも残念です(T_T)

 

目つきがキツイ

「目は口ほどに物を言う」

目つきは人の印象に大きく関わっています。

ガタイのいい男性でも、目がクリクリしてると、なぜか愛らしく感じますよね( ^ω^ )

目つきがキツイ人は、『怒っているように見える』!

「目を合わせたくないなぁ‥。」と、思われてしまうんです。

注意ポイント

目つきがキツイ人は、マスクはできるだけしないほうがいいです!
マスクをすると目と眉だけ見える状態なので威圧感が増してしまいます‥。

 

リアクションが薄い

「これ面白くないですか?」

「そうね。」

「・・・。」

何を話しかけても、リアクションの薄い人っていませんか?

まさにアイスドールのような‥。

このようなタイプは、『感情が無いように見える』ので怖がられます。

「この人、私と話したくないのかな?」

と、相手の不安感を煽ってしまいます。

 

相手の緊張をほぐす方法が知りたい

そんな気は全くないのに、相手を怖がらせてしまうのは辛いですよね‥。

どうすれば相手に緊張感を与えずに済むのかについて紹介します♪

すぐに実践できることなので、試してみてくださいね!

 

笑顔で対応

絶対に忘れちゃいけないのが、『笑顔』です!

笑顔で対応することによって、自分を受け入れてくれていると思わせることができます。

これは話しかけられた時だけでなく、常日頃から心がけるといいでしょう。

と言っても、いつもヘラヘラしていてはダメです。

少し『口角を上げる』ように意識してみよう♪

「あれ?なんかいつもと雰囲気が違う‥?」

と思ってくれますよ♪( ´▽`)

 

相手を褒める

自分が認められているのかわからないから怖い。

ならば、『相手の良いところを褒めましょう!』

「それいいね!」

と言ってもらえたら、誰でも嬉しいですよね!

もちろん笑顔を忘れずに(^ ^)

アドバイス

身につけているものや服装、髪型など、いつもと違うところを褒められると嬉しいです♪

 

リアクションを大きくする

相槌は、相手とうまく会話するために重要です。

いうならば、自分の気持ちを相手に伝える手段ですね(°_°)

言葉だけでなく、今より『リアクションを大きくしてみましょう!』

・笑う時には手を叩く
・驚いた時には目を見開く
・なるほどと思った時には、大きく頷く

これをしてもらえるだけで、相手はとっても話しやすくなります♪

 

相手の緊張をほぐすテッパンのジョーク

さらに一歩踏み込んでみたいという方は、

軽めのジョーク』を言ってみると良いですね!

相手が思わずクスッと笑ってしまうようなジョークは、場の雰囲気を和ませます( ^ω^ )

 

誇張する

物事を、ものすごくオーバーに、またはものすごく小さく表現するジョークです。

例えば、「おいくらですか?」と聞かれて、「一億円です。」と答えてみたり( ^ω^ )

真顔で言うと、「えっ?どういうこと??」となってしまうので、笑顔で言いましょう。

 

ボケる

ボケにはツッコミを入れたくなるものです。

「こんなに暑いと海でおよぎたくなりますよね〜。私、カナヅチなんですけどね。」

「カナヅチなんかい!!!」ってツッコミたくなりません???(笑)

ツッコミを入れるほど仲の良くない人でも、

「カナヅチってことは海行ってもおよげないじゃないですか〜」

くらいは言ってくれるはずです!

注意ポイント

親父ギャグは若い人には受け入れられないことが多いのでNG!

 

まとめ

今回は、相手に緊張感を与えない方法についてご紹介しました。

1.笑顔で対応
2.相手を褒める
3.リアクションを大きくする
4.軽いジョークを言う

怖いと思われる人は、感情が表に出ないことが多いようです。

まずは笑顔の練習からしてみてくださいね♪

微笑むだけでもだいぶ印象が変わります!

あとはメイクも気をつけましょう。

アイラインをがっつり引いたり、眉毛が細くてキリッとしてると、威圧感を感じちゃいます‥。

本当はあなたが怖い人ではないと気づいてもらえますように(^ ^)

-人間関係

© 2021 Kazu's useful NET