【年賀状の宛名】家族が多い場合の連名の書き方

ひとりや二人に宛てるのであれば、そんなに悩むことはないんですが、結婚して家族が増えた方とか、同居している大家族だったりだとか、家族の多い方に年賀状を書く場合、宛名の書きかたで悩んでしまいますよね?

名前を書く順番だったり、敬称であったり、書ききれないほどの人数の場合はどーしたらいいか!など、失礼にならない連名の書き方やマナーをみていきましょう。

 

 

年賀状の宛名を連名で書くときのマナー

名前を書く順番

世帯主を一番右に書きます。

たとえば、「ご主人」「奥様」「お子様」の三人家族に出す場合、まず、世帯主のご主人を一番右に“フルネーム”で書きます

次に奥様、お子様の順番で名字を省略して名前だけを書いていきます。

そのとき、名前の頭の位置を揃えると綺麗にまとまって見えます。

※奥さんとは友達だけど、ご主人とは顔見知り程度だという場合、奥さんの名前を右側に書いてしまいがちですが、それはご主人に対して失礼になりますので、ご主人を右側に書きましょう。

 

敬称はひとりひとり付ける

敬称『様』はひとりひとりに付けます。

敬称を省略して真ん中に一つだけ書くのは失礼にあたりますので、ちゃんとひとりひとりに『様』を付けましょう。

子供の敬称について、面識がある場合は「くん」や「ちゃん」でも良いですが、面識がない場合で子供の名前を書く場合は、「様」にしたほうが良いでしょう。

 

できるだけ全員の名前を書いたほうが良い

相手の住所の長さや名前の長さにもよりますが、4人家族の場合に3人の名前しか書かないのは失礼ですし、5人家族の場合も4人しか書かない、もしくは3人しか書かないのは失礼ですよね?

かと言って、5人も6人も名前を書いてしまうと、バランスがおかしくなり、見た目がかなり悪くなります。

このような場合は、ご主人の名前を書き、他の家族の名前は省略して「御家族様」や「御一同様」とまとめて書くとスッキリした印象となります

※子供の場合は自分に届いた年賀状を見ると喜ぶので、できるだけ子供の名前も書いてあげるほうが良いでしょう。

 

すべてをまとめたい場合

世帯主の名前を知らないときや、大家族で宛名を書く人数が多い場合、中途半端な人数でバランスがおかしくなるようなときは、「○○家御一同様」という形で相手方の苗字のみを書く方法もあります。

これだとシンプルでスッキリしますが、省略された印象を相手方が受ける可能性があるので、こーいう書き方もあるということだけ覚えておいてください。

 

名字が違う場合の書き方

たまにご家族のなかでも名字が違う方がいるケースがありますが、この場合はその方の名字も併せて書きましょう。

 

まとめ

  • 宛名を連名で書く場合の順番は右側から世帯主(ご主人)奥様、お子様の順で書いていく
  • 敬称「様」はすべての人の名前の後ろに書く
  • 子供の場合、「くん」や「ちゃん」でも良い
  • 世帯主のみフルネームで名前を書いて、その他は名字を省略して名前のみで良い
  • 名字が違うご家族がいる場合は、その方の名字も書く
  • 連名で書く人数は、バランス的にみると3人までが良いが、4人家族の場合は4人の名前を書いてあげたほうが良い。もしくは、ご主人の名前+「御家族御一同様」か「御一同様」にする
  • 大家族の場合、「○○家御一同様」という形で相手方の苗字のみを書く方法もある

参考にしてください。

 

▼読む価値あります!

注目
年賀状の宛名をバランスよくビシッと手書きするコツ

最近では、パソコンのソフトを使って宛名を入力する人が多い中、お世話になった人には、やっぱり手書きで気持ちを込めて書きたい ...

続きを見る

関連
二世帯住宅や同居の方への年賀状マナー|宛名の書き方(パターン別)

二世帯で住んでいる方へ年賀状を出すときの宛名ってどーしたらいいんでしょう? 郵便ポストが別々の場合は気にしなくてもいいん ...

続きを見る

-年賀状

© 2021 Kazu's useful NET