メーカーは転勤が多いって本当!?全国転勤のある仕事とない仕事

「えっ‥。大企業って、転勤多いの!?」

就活していると、『転勤』って気になりますよね。

多い職種だと、1年に1度ほどのペースで辞令が出ることも(°_°)

転勤はメリットもありますが、デメリットも多いです‥。

「転勤のせいでストレス溜まるなんて、絶対にイヤなんですけど‥!」

実は、『転勤のない仕事』ってあるんです!!

・マイホーム持ちたい!
・子どもを転校させたくない!
・単身赴任なんて絶対イヤ!

そんな転勤NGの人、必見です♪

今回は、全国転勤のある仕事とない仕事について紹介します。

 

 

メーカー勤務は転勤が多い?実際はどれくらい転勤しているのか調査しました!

転勤が多い仕事といえば、『メーカー勤務』!

特に、『大企業のメーカーでは、転勤必須』です。

気になる頻度ですが、『3年に1度転勤』という会社が多いようです。

全国各地の工場や営業所、研究所、さらには海外にまで赴任することに!

都会だったり、ものすごい田舎だったり‥

海外に赴任なんてことになったら、どんな生活をすればいいのか想像もつかないですよね(°_°)

さらに、何年も日本に帰ってこれない!

なんてことになったら、精神的に強い人でないと、厳しいかもしれないですね(T-T)

「頻繁に転勤したくないから、メーカー勤務は辞めとこ!」

そう思ったあなたに悲しいお知らせが‥。

転勤の多いのは、メーカー勤務だけではないんです!

 

働く場所は日本全国!全国転勤のある仕事

1.銀行

全国各地に支店があることはもちろん、

顧客との癒着などの『不正を防ぐため』に、どうしても転勤が多くなります。

特に総合職で働くとなると、転勤族は覚悟しておいた方がいいです。

何年も同じ場所に滞在することは珍しく、『数年に一度』、転勤しなければなりません(°_°)

40代以上だと、単身赴任する人も多いです。

子どもが学校に通っていると、

「付いてきて!」

とは言いづらいですもんね(T-T)

 

2.商社

商社の転勤の特徴は、『海外転勤がある』ということです。

さらに、短い期間でまた転勤する人もいれば、何年も同じ場所に留まる人もいます。

色んな地域や国の特性、どんなものが売れているかを知るため、転勤が多いんですね。

情報収集をしなければならないため、

「ゆっくり観光でもするか〜。」

なんて余裕はなく、結構忙しいです(T-T)

入社してすぐから転勤の辞令が降り始めますが、

『40代後半ぐらいになると、落ち着いてくる』そうです(^ ^)

それまで耐えられるかどうかが勝負ですね!

 

3.自衛隊

・慣れ合いを避けるため

・地元企業との癒着を防ぐため

・能力を高めるため

以上の理由で、自衛隊には転勤が必要となります。

転勤の頻度は、早い人で、なんと『1年』!!

やっと馴染んだと思ったら即バイバイ‥

また引越しの荷造りもしなきゃで大変ですね(T-T)

でも、10年同じ職場って人もいるみたいで、もう運なんでしょうかね?

自衛官もやはり、『単身赴任する人が多い』です。

階級によっては基本的に駐屯地内で生活しなければならないので、生活費が抑えられるため、

「なんども引越しするなら‥」

と、単身赴任を選ぶようです。

アドバイス→出世を希望しないのなら、転勤せず同じ場所に留まることもできますよ(^ ^)

 

地域密着型!転勤しない仕事

多かれ少なかれ、ほとんどの職種で転勤になる可能性はあります。

「転勤なんてぜっったいにイヤ!!転勤のない仕事ってないの‥?」

もちろん、転勤のない仕事もありますよ♪

 

1.地方公務員

市役所職員や教師など『地方公務員』は、その県、または市に雇われています。

そのため、自分の属している地方から出ることはありません(^ ^)

家を買うこともでき、子どもも転校しなくて良く、

『人生設計がしやすい』というのは魅力ですね♪

注意→国家公務員は、全員ではないですが、転勤しなければならないことがあります!

 

2.事業所が同地区にしかない仕事

本社しかない会社だと、もちろん転勤の心配はありません。

また、ある地域に事業所などが密集していると、異動はあっても転勤はほぼないです!

『中小企業や、大企業だったらIT企業』なんかがこれに当てはまりますよ♪

また、『法務や総務、経理』など、本社で仕事が集約されている職種だと、転勤の可能性は低いです。

 

3.転勤のない仕事は待遇が悪い?

職種によっては募集の時点で、『エリア限定社員』と、『全国転勤社員』とに分かれていることがあります。

この場合、「エリア限定社員」より、「全国転勤社員」の方が、『給料が多い』んです!

しかも、「転勤なし」を条件にすると、求人数が限られます(T-T)

「転勤するくらいなら、給料水準が低いほうがマシ!!!」

私は自分の家を持ちたいし、多少給料が低いくらいなら「転勤なし」もいいかなと思います。

まずは、「転勤なし」の条件を認めている会社を探してみるといいですね( ^ω^ )

アドバイス→転勤したくない人は、中小企業を視野に入れると職種の幅が広がりますよ♪

 

まとめ

今回は、転勤のある職種と、転勤のない職種についてご紹介しました。

  1. メーカー勤務は転勤あり。
  2. 銀行は転勤あり。
  3. 商社は転勤あり。
  4. 自衛隊は転勤あり。
  5. 地方公務員は転勤がない。
  6. 事業所が同地区にしかない仕事は転勤がない。
  7. 転勤のない仕事は少なく、給料水準が低い。

転勤って、一人だけの問題じゃないですよね。

私はまず、「子ども」のことを考えますね。

友達と離れるなんて、絶対に寂しい‥。

自分が子どもでも嫌ですもん(T-T)

さらに、奥さんが仕事していたら、辞めてもらわなきゃなりません。

「転勤がない」に越したことはない!

『自分が優先するものは何なのか?』

じっくり考えて就職先を選んでくださいね(^ ^)

-仕事, 転職

© 2021 Kazu's useful NET