職場の派閥争いで中立は可能?確実に孤立しないための3つのコツ

この職場、派閥がある…。

そう気付いた時には、
どちらの派閥に属するか選択を迫られている気持ちになってしまいますよね。

できるだけ派閥争いは避けたいものですが
それは可能なのでしょうか?

しかし中立を保とうとはっきりしない態度をとり続けていると、
逆に目の敵にされていつのまにか自分が孤立してしまうことも。

孤立して仕事がしにくくなるのが一番嫌ですよね^^;

そうならないために、うまく立ち回る方法を本文で説明しています!

これを参考にしてもらえれば、
職場で孤立しない派閥争いでの振る舞い方を理解してもらえますよ♪

ぜひ、
派閥の中で働くために役立ててくださいね!

 

 

面倒な職場の派閥争い…中立は可能?

職場での派閥争い…

そこに巻き込まれてしまうとやっかいですよね。

しかし、
会社はそれぞれ違う考え方を持った人間の集まりで、
ある意味派閥ができてしまうのは仕方ないことです。

ある程度派閥争いは避けられない!

と割り切ってしまいましょう!

そうすることで少し気持ちが楽になりますよ♪

派閥争いには関わりたくないものですが中立を保つには強い意志が必要です。

中途半端な気持ちでどっちつかずの態度をとっていると、

「みんなにいい顔をする八方美人」
「派閥の話にのってこない、つまらない人」

というように見られてしまい孤立してしまうことも…。

孤立してしまうと、

  • 仕事が進めにくくなったり
  • 職場に居辛くなってしまったり
  • 転職を考えるほどになってしまう

こんなケースもあります。

なので、
中立を保ちたい気持ちも大切ですが、
それよりも自分が孤立しないようにうまく立ち振る舞うことが大切です!

 

派閥争いで確実に孤立しないための3つのコツ

派閥争いで孤立しないためにはどうすればよいのでしょうか?

ここでは3つのコツをご紹介するので自分にあった方法を試してみてください^^

 

目の前の仕事に徹して派閥の存在を無視

孤立せず、
かつ中立を保つ唯一の方法と言っても過言ではありません。

「目の前の仕事が一番大切」

という姿勢を貫きましょう!

何かを選択する時、常に

「今この仕事にとって何が必要か」

だけを基準に考え、
派閥の存在は頭から消し去ります。

徹底した

「仕事第一」

の姿勢を突き通していれば、
派閥争いに夢中になっている人たちが口を挟んでくる余地はありません!

ただ、
強い態度を取りすぎると孤立してしまう原因となるので、
感じのいい良好なコミュニケーションを心がけましょう♪

悪口に巻き込まれそうになった時は話題を変えてかわす

一方の派閥の人が、
もう一方の派閥の悪口を言ってくるかもしれません。

そんな時、
「そうですよね」
などと軽く同意しないようにしましょう。

相手は共感してほしいので悪口を言ってくるのですがここで共感してしまうと

「この前○○さんの悪口言ってたよ!」

という噂を流されかねません!
なので、そんな時は

「ストレス溜まってるんですね、ハーブティー飲みます?スッキリしますよ」
「イライラする時はチョコ食べません?」

など話題を変えてかわしましょう!

そうすることで派閥争いに巻き込まれず、相手も

「この人は悪口言っても聞いてくれないな」

と思わせることができます♪

 

いっそのこと派閥に属してしまう

派閥争いで孤立しないためにはいっそ派閥に属してしまいましょう。

派閥はどちらにつけば得なのか、
自分の目的にとって重要かどうかで選択します!

単純に人数の多さや
「お世話になったから」
という過去の情で決めてしまうと後悔してしまいます。

例えば、
「お昼ごはんで孤立したくない」
という場合は人数が多い派閥を選ぶといいかもしれません。

「いち早く出世したい」
という場合は、
上層部と繋がりのある人がいる派閥の方が得ですよね。

少し抵抗があるかもしれませんが派閥は悪いことではありません。

自分の目的に合わせて派閥に属することで、職場での孤立は避けられます!

 

まとめ

職場で派閥ができてしまうのは仕方がないことです。
中立を保ち孤立を避けるには、

  • 目の前の仕事に集中して派閥の存在を無視する
  • 悪口を言われても共感せず、話題を変える

ということを強い意志を持って行いましょう。

孤立を避けるという意味では
「自分に得になる派閥に属する」
ということも立派な選択です!

派閥争いは職場にはつきもの、
と割り切って気負いすぎないようにしましょう♪

-人間関係, 職場

© 2021 Kazu's useful NET