母子家庭の女性は結婚できない?地雷扱いされる女の特徴も解説

母子家庭育ちだからといって、男性から地雷扱いされたことはありませんか?

「母子家庭の女性はちょっと…」

という男性も、実はわりと存在します(°_°)

私も母子家庭育ちなので、耳が痛い…(笑)

「母子家庭だと結婚できない!?」

と思われる方もいるかもしれませんね。

答えはNO!

なぜなら私、結婚してますもん( ^ω^ )笑

しかし、結婚できないということはありませんが、母子家庭という肩書きが障害になる可能性は十分にあります…。

なぜ母子家庭の女性は敬遠されるのでしょうか?

今回は、母子家庭の女性が地雷扱いされる理由に迫りたいと思います!

最後に私なりの、母子家庭の偏見をなくすためにするべきことを書いてますので、参考にしていただけると嬉しいです(^-^)

 

 

母子家庭ってだけで結婚できない?

実際に、母子家庭が結婚の障害になるのか気になりますよね。

母子家庭の女性に「母子家庭」を理由に地雷扱いされたことがあるかどうか聞いてみました!

 

「結婚を前提にお付き合いしていたけれど、ある日私が母子家庭だと言うことを話したら、彼の態度が急変。結局別れることになりました。」

典型的な、母子家庭に偏見を持ってる男性だったんでしょうね…。急に態度を変えられるなんて悲しすぎます( ; ; )

交際する際は、前もって母子家庭であることを伝えておくと、偏見を持った相手か見抜くことができそうです。

 

「彼両親に結婚のご挨拶に行きましたが、母子家庭育ちとは結婚させられないと猛反対を受けました。結局婚約解消となりました。」

意外に多いのが、彼は気にしていないけど、彼両親に偏見がある場合です。結婚は当人同士の問題じゃないですからね(T-T)

両親に反対されてしまったので、泣く泣く結婚を辞めたという方も多いです。母子家庭に偏見を持ってる人がたくさんいるんですね…。

 

「母子家庭についてなんにもご指摘なし!特になんの障害もありませんでした。」

これ、私です(笑)

結婚に関しては特になんの障害もナシ。普通に結婚できました(^ ^)

みんながみんな偏見を持ってるわけじゃないんです。

しかし、偏見を持ってる人の中にはすごくキツイ方もいます。

「母子家庭 = 悪 」みたいなね…( ; ; )

では、なぜ母子家庭の女性がそんなに否定されるのでしょうか?

 

母子家庭の女性が地雷と言われるのはなぜ?

世間体を気にするから

親に反対される理由で一番多いのは、世間体を気にするから。

偏見を持った人は周りからの目をよく気にします。

自分の息子が、母子家庭育ちと結婚するということが許せないんですね。

結婚して子供が産まれたとしたら、その子もその偏見を背負うことになると思うと、なおさら許せないようです。

 

離婚率が高いから

「母子家庭育ち = 離婚率が高い」と聞いたことがありませんか?

このイメージがあるため、結婚を躊躇する人も多くいます。

でもこれ、実は偏見じゃなく事実なんです(°_°)

母子家庭育ちの娘が将来離婚する確率は、なんと3倍!

ただじゃなくても離婚するカップルが3組に1組はいる世の中です。

敬遠されてしまうのもなんとなく納得できてしまうような気がしますね…(T_T)

 

親の介護問題

将来的なことを考えると、親の介護はどうしても考えなければいけませんよね。

あなたに男兄弟がいる場合は、さほど心配されないかもしれません。

しかし、あなたが女兄弟だったり、一人っ子だった場合

「あなたの親の介護はどうするの?」と相手の親は思うでしょう。

さらに、シングル家庭は貧困の場合が多い。

本当に面倒が見れるだろうかと男性は悩むし、相手の親からも敬遠されてしまうようです(T_T)

 

母子家庭の女性の特徴◯つ!

肩書きだけじゃなく内面でも地雷扱いされることがあります。

母子家庭の女性の特徴はどんな特徴があるのでしょうか?

 

愛情不足

愛情不足はあるあるですよね。

どうしても母が仕事を頑張らなければいけませんから、子供との時間が削られてしまいます(T_T)

愛情不足で育った子供が将来どうなるかというと、男性に依存するようになる傾向があります。

実際私もそうでした…。

束縛しまくりで彼(現旦那)をギュウギュウに縛り上げてましたね(笑)

不安なんですよ。いつ自分の親のように捨てられるかわからないから。

理解してくれる男性に出会えれば良いですが、そうじゃない場合はやっぱり厳しいでしょうね(T_T)

 

気が強い

子供を一人で育てていくんですから、当然母親は強くなければいけません。

必死で子供のために頑張っているんですからね。

そんな母を見て育った子供は、強い女性になる傾向があります。

私もその一人で、周りに頼ることなくなんでも自分一人でしようとします。

そのためプライドも高いです(笑)

やっぱり男性からしたら、守りたくなるような女性がいいんじゃないですかね?

尻に敷かれたくはないでしょう。

 

常識がない

子供のために一生懸命働くママには、ゆっくり子供を躾ける時間がありません。

私も、鉛筆の持ち方や箸の持ち方を教えてもらうことなく育ち、見事に変な持ち方してました。

今は自分で矯正しましたけどね。

こんな風に、母子家庭の子は自分で常識を獲得していかなければいけません。

なので、周りから見ると、もう子供でもないのに常識がない!と思われてしまうこともあります。

やっぱり結婚相手に選ぶなら、常識がある人の方が好まれますよね。

注意→ここに述べたのは例であって、母子家庭だから全員が当てはまるわけではありません!

 

母子家庭の偏見に勝つためには

母子家庭の偏見に勝つためには、自分を強く持つことです。

私は母子家庭だからと差別されるのが嫌だったので、他の人以上に努力をしてきました。

頑張っている人のことは誰でも認めたくなるものですよ。

今では、母子家庭育ちと告白すると「そうだったの!?」と驚かれます。

まずは自分を見直すことから始めてみてください( ^ω^ )

相手の親に反対される場合は、もう説得するしかありません。

あなたの誠意と、彼への愛情、一生添い遂げる覚悟をしっかり伝えてくださいね。

 

まとめ

今回は、母子家庭の女性が地雷扱いされる理由についてご紹介しました。

  1. 世間体を気にするから
  2. 離婚率が高い
  3. 親の介護問題
  4. 愛情不足
  5. 気が強い
  6. 常識がない

母子家庭の子供はどんどん増えていますが、まだまだ偏見は無くなりません。

「自分は母子家庭だから…」

と落ち込んでいても、何も変わりません。

相手の「母子家庭育ち」のイメージを変えるくらい、ステキな女性になりましょうよ(o^^o)

偏見なく、あなたを愛してくれる人が現れますように。

-結婚
-

© 2021 Kazu's useful NET