娘の嫁ぎ先へのお中元の金額は?マナーを知って親同士の関係を良好に

何かと気を遣う、親戚付き合い。

中でも大切にしたいのが『娘の嫁ぎ先』とのお付き合いです。

礼を尽くす、和の心。四季折々の挨拶や日頃のお礼をあらわすには、お中元、お歳暮などが大事な役割を果たします。

とは言っても迷ってしまうのが、お中元。

  • お歳暮と何が違うの?
  • どの程度のものを贈るべき?

親同士の関係を良好にしていきたいけど…何が正解?娘の嫁ぎ先に失礼があっちゃいけないけど、金額やマナー、もろもろよくわからないっ!

そんな悩みに答えます♪

ここからは『娘の嫁ぎ先へのお中元』にまつわる疑問を解消すべく、金額の相場やマナーについて考えていきましょう。

これさえわかれば、娘さんの顔も立ち、親同士の付き合いにも自信が持てる!

今すぐ、チェックしてみましょう♪

 

 

娘の嫁ぎ先へのお中元にはどういう意味合いがあるの?

その日、この春に嫁いだ娘から電話がありました。

他愛ない話をさんざんしたあと、娘から告げられたのは意外な言葉。

 

おかーさん、もうすぐお中元だよ
んー?…そお?まだ早いわよ
いやいや、ちゃんと考えておいてよ
なによー。毎年、おじさんのところと、おばあちゃんには贈ってるんだから
そうじゃなくて!こっちの家の話!
…は?
は?じゃないの!親戚が増えてるんだから、ちゃんと考えておいてよね!

 

絶対に忘れてると思ったとかなんとか、ぶつぶつ言いながら、電話は一方的に切れました。

娘の嫁ぎ先。

そう、その親御さんへのお中元の事だと気づいたのは、電話を切ってしばらく経ってからでした。

 

お中元の意味とは?お中元について学ぼう!

お中元の意味

お中元は、古くから伝わる日本の風習です。

親戚、恩師、仕事の取引先など、お世話になった方へ日頃の感謝の気持ちを込めて、心尽くしの品を贈ります。

『日頃の感謝を込めた贈り物』という点は、お歳暮と同様の意味を持ちます。

お歳暮との違いは、贈る時期です。

お歳暮は年の瀬、お中元は年の半ばに贈ります。

 

お中元のマナー

一般的には一度お中元を贈った相手には、毎年、欠かさずに贈り続けるのがマナーです。

互いにお中元を贈り合う際には、同程度の金額で贈り合うのが妥当とされています。

そのため毎年、同程度の金額の品を贈るべきと言えます。

 

お中元を贈る相手

一般的には、親戚、恩師、仕事の取引先など、日頃からお世話になっている方に贈ります。

今回の『娘の嫁ぎ先』については、お中元を贈っておくべきと言えるでしょう。

両家は、互いの子供が縁あって結ばれた仲ですから、ともに末永く良い関係を築きたいと願っています。

その気持ちをお中元という形で示すことは、何よりのメッセージになるというものです。

 

お中元を贈る時期

東日本(関東地方)⇒ 7月1日〜7月15日までに贈るのが目安

西日本(関西地方)⇒ 8月1日〜8月15日までに贈るのが目安

 

 

娘の嫁ぎ先へのお中元!その金額相場とは?

 

ねえ、お父さん
ん?
今日、あの娘から電話があったんだけど…。お中元について
うん。むこうの家にも、やらなきゃな
やっぱり!そういうもんなのね…
そりゃそうだろ。お前、あれだ。日本人の心ってやつだ
どうしよう…。ちっとも考えてなかったわ
ほら、よく言うだろ。わび、さび、わさび、とかさ
わさびは余計じゃないの?
刺し身にはわさび!わさびの無い刺し身は刺し身じゃねえ!
昨日のこと?いつまで根に持ってんのよ!
とにかく、ダメだぞ。ちゃんとやらにゃあな
…と言っても、どのくらい?
そりゃ、失礼のないように…。果物でも、どーんと化粧箱で贈るんだ!
テレビでよくあるだろ、1玉3万円するメロンとか。びっくりすんぞ〜
ちょっと、まじめに考えなさーい!!

 

大人のたしなみ、お中元の金額相場!

お中元の金額相場

お中元を贈り合う際、最も気になるのは金額の相場です。

ここで考えるポイントはたったの2つ!

  1. 相手に失礼にならないようにする
  2. 相手に気を遣わせないようにする

これだけです。

安価な品では、贈った相手に対して失礼です。

逆に高価な品では、相手に気を遣わせることになってしまい、これも失礼に当たります。

※個人に対して贈るお中元は、5000円程度が一般的な相場です。

 

贈る品物の選び方

金額の目星がついたら、実際に何を贈ったらよいか選ぶことになります。

選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

贈る相手のことを思い、もらう立場を考えて選ぶのがコツ。好評なら『毎年恒例』とするのもOKです。

贈られた人の笑顔を思い浮かべると、選ぶのも楽しくなります。

  • 贈られる側の家族構成に合った品数を考える
  • 飲料やゼリー、水ようかんなどの冷たいお菓子、そうめんなど、季節の品を贈っても良い
  • 贈られる側の好みに合わせた品にする。コーヒーを飲まない家族にコーヒーセットを贈るなどは、失礼なので絶対に避ける

「お中元」ランキングを見る

 

お中元をいただいたときのマナーは?これでバッチリ、親同士のおつきあい☆

(玄関から入ってきて)

ただいま!あー、さっぱりした

(トイレから出てきて)

あー、さっぱりした。
おう、おかえり
やだ、手洗ってよね
へいへい
今日、むこうのお家のお中元、手配してきたから!

(手を拭きながら)

そりゃあ、良かった
これで一段落だわ〜。あとは時期になれば届くでしょうから、もう安心ね。
あ、これ一応控えの伝票。いらないかな?
ちょいちょい
ん?なに?
お前な、相手に着くまで気を抜くな
へ?どうして?
遠足は、家から送り出すまでが遠足じゃない。ちゃんと家に帰ってくるまでが遠足だろ
何言ってんの?
うちから相手さんに贈ったってことは、相手さんからも来るかもしんないぞ
あっ
それに、お中元の時期は配達が多いんだから、誤配も多い。ちゃんと届いたか確認できるまで、気をつけにゃ。伝票捨てるなんざ、もってのほかだ
…あなた
うん?
いつになくマトモ
おっ。ばか言うな、いつもマトモだ!

 

知って安心♪お中元をやり取りする際のマナー心得

お中元を贈る真意

なんとなく勘違いしてしまいますが、お中元は『贈っておしまい』ではありません。

永きに渡る慣習のため、つい形式的な物品のやり取りになりがちですが、お中元を贈る真意は『日頃の感謝の気持ちを伝えること』にあるのです。

その真意を汲み取れば『贈り合っておしまい』という味気ないやり取りにはなりません。

以下は、お中元を贈ったあとの流れです。

  1. お中元を贈る
  2. 先方にお中元が届く
  3. 先方から到着の知らせが来る

この❸『先方から到着の知らせが来る』ときには、だいたい電話でのやり取りになります。

先方からのお礼に始まり、「あいさつ」⇒「近況」⇒「子供の話」など、お礼とともに交わす言葉にこそ意味があるのです。

お中元をきっかけに話が弾んだり、近況を交わすことで互いの距離が縮まれば、お中元を贈った甲斐があったというもの。

 

お中元をいただいたら

こちらからお中元の品を贈ったら、おそらく先方からもお中元の品が贈られてくることと思います。

先方からお中元をいただいたら、速やかにお礼を伝えるのが礼儀です。

以下のポイントを参考に、気持ちのよいやり取りを心がけましょう。

  1. 先方からお中元をいただいたら、まずは電話でお礼を伝える
  2. いただいた品のお礼だけでなく、日頃お世話になっている思いを伝える

  3. お互いの安否や近況などを取り交わし、気遣いを示す

  4. 末永く変わらぬお付き合いを続けていきたいことを伝える

  5. 電話でお礼を伝えたら、後日あらためてお礼状をしたためる

 

まとめ

ジリリリリ~~~ン

(電話を取る)

もしもし?
あ、おかーさん?私
あら、どうしたの?
今日、向こうの家に行ったら、この間、おかーさんからお中元贈ってもらったからって、お礼言われたよ
あら…そう!
うん。お義母さんと電話でも話したんだって?なんかね、言ってたよ
え、なになに?なんて?
……おかーさんとは、話が合いそうだって
まあっ!ほんとに?
ほんとに。『今度、家庭菜園を始めたいから、ぜひ色々と教えてください』だって
そう!?ほんと!?
ほんと、ほんと
そうなの!もちろん、喜んでうかがうわ!
うん。私あんまり関係ないから、直接やってね
えっ?うん、はい、そう…そうね。わかった。でも、そう言ってもらえたなら…良かったわ〜
うん…。良かった。ありがとうね
ふふっ。どういたしまして
…それだけ。じゃあね
あ、ちょっと!
なに?
たまには、こっちにも顔出しなさいよ!
…うん。またね~

 

お中元を交わすことは、相手との関係を深めることです。

親同士が良好な関係を保つことは、娘夫婦の家庭を応援することに直結します。

お中元の品には、お互いを思う気持ちが詰まっています。

お中元の品を受け取ったら、そこに込められた思いを汲み取り、お礼を言葉にして伝えましょう。

お礼を交わし合うことによって互いの理解が深まり、より一層、近しい存在に感じられるはずです。

お中元をきっかけに互いの距離が縮まれば、こんなに喜ばしいことはありません。

お中元のやり取りは、心をこめて。

真心のこもったお中元は、三家の仲を取り持ち、より良い関係へと発展させてくれるに違いありません。

-お歳暮

© 2021 Kazu's useful NET