エイプリルフールは友達に可愛い嘘を付きたい♪こんなネタは?


「嘘」にも種類があります!

  • 人に迷惑をかけるもの
  • 人を笑顔にするもの

後者の「人を笑顔にする嘘」は当然、許される嘘ということですよね♪

『エイプリルフール』の4月1日は嘘を付いてもいい!という、古今東西に渡る風習に基づくイベントですが、その由来の諸説においては、悪質な「嘘」によってよからぬ結果を招いた事件が多いみたいです。

それが、何故「嘘」を推奨するような風習になったのかは、理解しにくいところですが…。

理屈っぽい話はさておいて、エイプリルフールは人を笑顔にする嘘を推奨するイベントであるというふうに私なりの解釈をここではしておきます。

 

 

エイプリルフールの可愛い嘘ネタ例


現在は、スマホ、パソコンというものでメールやラインによるコミュにケーションができるご時世。

可愛い嘘の幅も広がるし、またポーカーフェイスが苦手な人もこの文明の利器を使えば表情を見られないし、便利な世の中になったものですね^^

 

「昨日、競馬で万馬券が的中して、20万円も儲けたよ」

メールやラインでこの嘘を友達に伝えた場合、相手からリアクションが届いてから嘘だとバラす!即ち、一回のやりとりだけで、驚かした余韻を味わせることが出来ますよね。

それは、バラすまでの時間を自分で自在にコントロール出来るからです。

返信のタイミングを伸ばせばいいだけですから。

でも、対面でこの嘘を伝えた場合は、一回のやりとりだけではすまないですよね。

というのは、この嘘を伝えるとすぐに、友達はリアクションするだろうし、目の前にいるあなたは、そのリアクションにすぐに応えないと不自然になってしまうわけですから。

その時に嘘であることをバラしてしまうと、驚かせた余韻が瞬時にあっけなく終わってしまいます。

ですので、時間稼ぎのためにも、しばらくは嘘であることを伏せた会話、即ち、20万円を儲けたことを前提のやりとりをしなければならないことになります。

的中した瞬間の興奮度、その大金の使い道の話題などになるだろうから、ある程度の会話の内容を予め準備して置く必要がありますよね。

それをしておかないと、ぎこちない喋り方になってしまい、すぐに嘘がばれてしまい、効果が半減してしまいます。

 

「実は、・・・(有名芸能人)は俺の叔父なんだよ」

少しでもリアリティを持たせるためにも、その有名人と同姓であるほうが好ましいでしょうね。

また、先の万馬券の話のように、突然の出来事ではないので、今更の唐突感が強いため、不自然さが出てしまい、疑われやすくなります。

そのために、この話題が出ても不思議でないような話の流れを組み立てておく必要があるでしょうね。

 

「今からハワイ旅行に行ってきます」

これは、スマホのラインやメールを使ったネタですね。

成田空港のロビーの写真との合成写真と一緒に送ると効果的でしょう。

 

エイプリルフールで友達に嘘ネタを仕掛ける効果的な方法


嘘ネタも仕掛けるためのお膳立てをうまくやらないと効果が半減する、場合によっては、すぐにバレてしまうでしょう。

そのためにも、内容にあった適切なお膳立てをしたいものです。

1.でも触れていますが、不自然にならないようにするという、ごく当たり前のことをするだけです。

 

ポイント

  • 嘘ネタの話題が唐突にならないような話の流れを作る
  • 嘘ネタの信憑性が上がるように、関連する情報を友達へあらかじめ吹き込んでおく。

 

先の例で言えば、「ハワイに一度は行ってみたいなー」「俺にも、お前が少々驚くような生い立ちがあるんだよなー」といった言葉を予め、つぶやいておくとか・・ですね。

 

エイプリルフールで許せない嘘


友達に不安を長時間与えたり、逆に不毛の期待感を与えてしまったりするような嘘は感心できないですよね。

メールで、「交通事故で足を骨折してしまった」とか、友達が欲しがっている、でも入手しにくいチケットについて、コネがないのに「俺の知り合いに頼めば入手できるよ」という嘘。

このような嘘は、言うまでもなく誰の得にもならないだけでなく、無用に友達を傷つけることになりますよね。下手をしたら、これを機に交流ができなくなるかも知れないので気をつけましょう。

 

まとめ

爽やかで愛嬌のある嘘なら、エイプリルフールというイベントでなくても普段からしてもいいですよね。

ただ、大きな効果を狙うなら準備も必要で、それなりの時間も要するので、自分の持てる時間と相談しながら、相応の嘘ネタをすればいいと思います。

そして、友達の性格や、友達との親密度によって、同じ嘘ネタもすべったり、成功したりと異なることを意識した上で、楽しみたいものです。

 

-エイプリルフール

© 2021 Kazu's useful NET