転勤族の妻が語る理想と現実を紹介!

彼と結婚を考えるようになってきたけど‥。

「私って、転勤族に耐えられるのかな?!!」

彼が転勤の多い会社に勤めていると、結婚すれば自ずと自分も転勤族の仲間入り。

転勤族って大変ってよく聞きますもんね(T_T)

本当のところ、どうなのか知りたくありませんか??

「このくらいなら大丈夫かも‥?」

「やっぱり転勤族の妻になるのはムリ‥!」

あなたの判断材料になりますよ(^ ^)

今回は、転勤族の妻が語る理想と現実についてご紹介します。

 

 

全国転勤するかもしれない彼からついにプロポーズ!正直結婚できる!?

転勤の多い彼からプロポーズされたらどうしますか?

私はちょっっとだけ躊躇うかなぁ‥。

転勤族の彼と結婚したくない理由をまとめてみました( ^ω^ )

・知らない土地に行くのが嫌だ。
・単身赴任になるかもしれない。
・子どもが転校を繰り返すのはかわいそう。
・自分の仕事を辞めなければいけない。
・マイホームが購入できない。

転勤の多い彼との結婚は、『正直キツイ』です。

いろんな土地を転々とし、そこで一から人間関係を築く。

さらには家事と子育ても一人でこなさなければいけません(T_T)

ネガティブ思考な私にはきっと無理だな(笑)

しかし、転勤アリでも全然OK!って人も意外にいます。

・仕事は辞めて子育てに専念したい人
・新しい人と出会うことが好きな人

こんな人は、転勤を繰り返すことに抵抗がないようです(^ ^)

 

転勤族の妻が語る理想と現実

「転勤は不安もあるけど‥、愛があればなんとかなるよね!」

そんな思いで転勤の多い彼と結婚した奥様の、『理想と現実』についてご紹介します(°_°)

 

赴任地は山奥のド田舎

「いろんな土地に住めるなんて、ラッキーじゃん!」

もともと旅行が好きだったので、転勤にネガティブなイメージはなかったそうです。

「ついに辞令が出た!」と荷造りをして引っ越し。

新しい赴任地は、『山ばっかりのド田舎!』

「私、こんなところで生活するの?(笑)」

何をするにも車が必需品で、大変な思いをしたそうです(T_T)

注意→赴任地は田舎ばかりではありません。
都会であることもありますが、いろんなところに工場がある会社は、運に任せるしかありません(T_T)

 

パートもままならない

転勤の多い彼との結婚を機に、すっぱり仕事を退職!

「仕事はできないけど、パートができるしOK!」

密かに憧れていたパートに就き、やっと楽しくなってきて友達もできた頃、辞令が‥。

「まぁ、次の土地でも新しくパート見つけよう。」

しかし、また『パートに慣れてきた頃に転勤‥。』

「パートもろくにできないなんて、もう嫌だ!」

ストレス溜まっちゃいますよね(T_T)

 

話し相手がゼロ

「専業主婦だし、子どもに集中できるのって子どものために良さそう!」

子どものために色々してあげようと、ルンルンだったけど、

実際は、孤独との戦い‥。

不安なことや困ったことがあっても頼れるのは自分のみ。

転勤族のお嫁さんが、『育児ノイローゼ』になってしまうのって、珍しい話じゃありませんよね(T_T)

アドバイス

就学前のお子さんをお持ちの方は、地域の児童館に行ってみるといいですよ♪

 

転勤族の妻のおもしろひとりごと

旦那さん以外と会話する人がいない、転勤族の奥さんは、どんな独り言を言っているのでしょうか??

Twitterなど、SNSにあった面白い呟きをご紹介♪

 

「今回の転勤先は自然豊かで癒される!!だけど、徒歩で行けるスーパーが一件だけ(笑)」

自然豊かだと、子育てにも良さそうですよね。

でも、徒歩で行けるスーパーが一件っていうのは不便‥。

きっとコンビニもないんだろうなぁ(°_°)

 

「雪国には専用の冬靴があること教えてくれないと!めっちゃ滑って転んでしまった‥。」

雪国って冬になると、靴の裏に滑り止めのついた靴を履くそうです!

よそ者はそんなこと知らないですよね。

見事に滑って転んでしまったようで(笑)

その土地のルールって、住んでても教えてもらわないとわからないですよね(T_T)

 

「仕事してないんだからって旦那は言うけど、好きで専業主婦になったんじゃないぞ、コラァ!」

きっと、「仕事してないんだから、家事くらいちゃんとやれよ!」

とか、言われたんでしょうね‥。

知らない土地でストレス溜まってるところにそんな追い討ちかけられたら、プチンときちゃいますね(°_°)

世の転勤族の旦那さん、奥さんを労ってあげてくださいね。

 

「もうすぐまた引越しだから、ムカつくママ友に全て吐き出してやった(笑)これでスッキリさようなら!」

近所付き合いとかママ友とか、今後のことを考えてグッと堪えることって結構ありますよね。

でも、転勤族ならそんな心配なし!

この土地で人間関係がダメになっても、新しい土地に行けば心機一転できる(^ ^)

これは転勤族のメリットですね♪

一言メモ

ツイッターなどのSNSを使えば仲間が見つかるかも!
愚痴もここなら無礼講( ^ω^ )♪

 

まとめ

今回は、転勤族の妻が語る理想と現実についてご紹介しました。

  1. 赴任地がド田舎
  2. パートもろくにできない
  3. 話し相手がいなくて辛い
  4. 愚痴はSNSの仲間と共有しよう

もともと日本人って、環境が変わることにストレスを感じる人が多いそうです。

大切なのは、そのストレスを一人で抱え込まないこと!

自分から積極的に外と交流を持ちましょう♪

彼が転勤の多い会社に勤めているなら、

『自分のことをよく思いやってくれ、支え合って行けるような相手』なのかを見極めることが大切ですね(^ ^)

-仕事

© 2021 Kazu's useful NET